ソフトエイジェンシー、IP電話関連ソフトウエアの販売で提携

WebBCN (BCN) 2005年09月07日 11時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトエイジェンシー(立岡佐到士社長)は、フライトシステムコンサルテ ィング(片山圭一朗社長)と、IP電話関連ソフトウエアの販売促進で提携した。

 フライトシステムコンサルティングは米Brekeke Software社の開発したIP-P BXの総代理店としてIP電話システムを販売している。このBrekeke社のIP-PBX は、すべてJava言語で書かれており、Linux、Solaris、Windowsで動作が可能、 OSに依存しない。一方、ソフトエイジェンシーはLinux上でのソフトウエアの 販売、システム構築を手がけ、多くの実績を持つ。両社は、今後大規模な普及 が見込まれるIP-PBX市場に対して、LinuxによるIP-PBXシステムの販売を推し 進めていく。

 ソフトエイジェンシーでは、昨年度からLinuxでのIP電話システムの研究と 実験を重ね、社内をすべてIP電話化し、Linux上のソフトフォンとの連携など、 IP電話システムをLinuxで動作させるためのノウハウを蓄積してきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!