日本ユニシス情報、全送信メールを保存、監査するASPサービスを10月に提供

ニューズフロント 2005年09月07日 15時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシス情報システムは9月7日、すべての送信メールを保存して監査する企業向けASPサービス「メール監査/保存サービス」の提供を10月5日に開始すると発表した。従業員の全送信メールを監査することで、機密情報の漏えいや顧客情報の流出を事前に防げる。

 このサービスは、ユーザー企業が運用中のメールサーバから監査用ゲートウェイを通して保存および監査するため、サーバの設置場所や接続環境を問わず利用できる。新たな設備導入を必要としないので、低コストでの導入、運用が可能だ。

 全送信メールを保存し、保存したメールに対する検索や分析も行える(分析機能は2005年中に対応する予定)。保存期間の初期設定値は90日間だが、180日または1年単位で変えられる。監査ポリシーやキーワードの設定は、管理用ウェブページから行う。

 税込み価格は以下のとおり。

・初期費用
共用タイプ:3万6750円
専用タイプ:36万7500円

・月額料金
共用タイプ:3万9900円(50 IDまで)
専用タイプ:39万9000円(1000 IDまで)
複数ドメイン対応オプション:ドメイン1件当たり1万500円
いずれもID追加料金は1件当たり420円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR