アラクサラが同社初のエッジスイッチを12月出荷、IEEE802.x使うMAC認証VLAN機能を搭載

日川佳三(編集部) 2005年09月07日 16時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所とNECの子会社で国産ネットワーク機器を製造するアラクサラネットワークスは9月7日、同社としては初めてのエッジスイッチ「AX2400Sシリーズ」を発表した。12月20日に出荷する。価格は59万8500円(税込)から。販売目標は、AX2400Sと同時出荷となる中規模L3スイッチ「AX3600Sシリーズ」(90万3000円から)と合わせて3年間で7万台。

AX2400Sシリーズ

 AX2400Sは、従来コアスイッチを製造・出荷してきた同社として初めてのエッジスイッチである。ラインアップ拡充の一環である。社内LANのエッジ部分に設置するL2スイッチであり、社内ユーザーのパソコンやサーバ機などのホストを直接収容する。1U大のラックマウント型に、ホスト接続用の10/100/1000BASE-Tポートを最大で48基搭載する。

 アップリンク用ポートは、ホスト接続用ポート4基との排他使用で、小型スロット規格であるSFP(Small Form-Factor Pluggable)形状のスロットを4基備える。ホスト接続用ポートを24基に抑えた機種では、XFP(10 Gigabit Small Form Factor Pluggable)を2基搭載するモデルも用意した。

 IEEE802.1xによる認証機能とMACベースVLAN機能を持つ。これにより、MACアドレスを認証キーとして外部のRADUISサーバに接続可否を問い合わせ、正規の許可されたMACアドレスに限って所属VLANを割り当てる運用が可能になる。社内に分散するどのスイッチに接続しても、同じMACアドレスを持つ以上、常に同じVLANに所属させることができる。

 同社のネットワーク機器のコマンドライン仕様は米Cisco SystemsのIOSに近く、「IOSの管理者であれば問題なく管理できる」(執行役員マーケティング本部長の滝安美弘氏)という。L2スイッチでありながらACL(Access Control List)の記述も可能であり、IPヘッダーの内容である、IPアドレスとポート番号、SYN/ACKなど各種フラグを用いたアクセス制御が可能である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化