デルとNTTコム、法人向けに情報漏洩対策サービスを共同で提供

エースラッシュ 2005年09月07日 20時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルとNTTコミュニケーションズは9月7日、法人向けにクライアントPCからの情報漏洩を防ぐ、製品込みのSIサービス「ハードディスク暗号化ソリューション」を共同で提供すると発表した。

 デルの技術コンサルティング部門「デル プロフェッショナルサービス事業部」によるコンサルティングサービスと、NTTコミュニケーションズのアウトソーシングサービス「ハードディスク暗号化マネジメントサービス」を組み合わせた。ハードディスクに書き込まれるデータがすべて自動的に暗号化されるため、意識することなく万全の情報漏洩対策ができるのが特徴となっている。また顧客環境やレベルに合わせたサポートを提供、データセンターからのリモート監視によって日々の運用業務をアウトソースすることも可能だ。IT管理者の負担を軽減し、TCOを削減するメリットもある。

 同サービスの構成要素は、クライアントPCとソフトライセンス、導入コンサルティング、管理・運用・保守サービス、ヘルプデスクサービスである。クライアントPCを含まない場合の料金は、300ユーザー規模の場合で初期費用が149万2050円、月額費用が55万6500円。なお、3年目以降の月額費用は減額となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR