プラットフォームがLSFの運用を年内に自律化--日本IBMの自律化ツールキット使う

日川佳三(編集部) 2005年09月09日 16時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラットフォームコンピューティングと日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は9月9日、負荷分散サーバ・クラスタの自律運用化に向けて協業を開始したと発表した。具体的には、加Platform Computingが開発した、Unixの実行プロセスをクラスタ内で負荷分散するソフト「LSF(Load Sharing Facility)」の運用管理を、米IBMが開発した自律運用機能開発ツールキットを用いて自律化できるようにする。

 第1の成果物としてプラットフォームコンピューティングは2005年内に、クラスタシステムに発生する各種の障害や性能ボトルネックなどの問題判別を支援する「Platform LSF問題判別ソリューション」をLSFに取り入れる。このために、LSFが出力するログをIBMのツールキットが用いるXMLベースのCBE(Common Base Event)フォーマットに変換するアダプタを実装する。

 LSFは、コマンドやアプリケーションなどUnixのプロセス単位で複数のUnix機に処理負荷を分散実行させるソフトである。処理負荷の軽いサーバに新規の処理を割り振るなど、負荷を均等化することで、クラスタ全体での処理性能を向上させられる。プラットフォームコンピューティングは日本IBMの技術支援の下、自律化による効果として、LSFの設定パラメータの自動設定までを視野に入れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR