NTTデータ経営研究所ほか、シンクライアント導入サービスを開始

エースラッシュ 2005年09月09日 18時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ経営研究所とハミングヘッズは9月9日、パソコンからの機密情報漏洩を防止するコンサルティング・サービス「シンクライアント化ソリューション」を開始した。

 アプリケーションやデータをサーバで一元管理し、コピーや印刷、メール送信などの情報漏洩につながる可能性のある機能の制限と操作ログの取得で情報漏洩を防止する。ユーザーごとに機能を制限し、ログを管理することで牽制効果もあり、誤操作や不正操作だけではなくウイルスやスパイウェアによる情報漏洩も防止できる。また、パソコンをシンクライアント化するため、パソコン本体の盗難や紛失があっても情報が漏洩することはない。

 独自の高速プロトコルにより、モバイルなどの通信環境が遅い環境でも導入が可能で、またソフトウェアベースでシンクライアント化を実現するため、既存パソコンの使用期間を拡大することができ買い換えコストが削減されるほか、パソコンの管理コストも削減できる。

 提供にあたっては、NTTデータ経営研究所がセキュリティ・ポリシーの策定やコンサルティングを担当し、ハミングヘッズが情報漏洩対策ソフトであるセキュリティプラットフォームの提供や導入およびサポートを担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR