アビームがシンガポールのコンサルティング会社を買収--東南アジア市場に進出

田中好伸(編集部) 2005年09月12日 18時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビームコンサルティングは9月12日、シンガポールのコンサルティング会社「エンタープライズ・ビジネス・ソリューション」(EBS)を買収したことを発表した。

 EBSの新社名は「アビームコンサルティング・シンガポール」。EBS買収によりアビームコンサルティングの海外拠点は7ヵ所、アジア地域では台北、上海、ソウルに続く4拠点目になる。

 EBSは2005年4月に現社長のスティーブ・アレン氏が設立した。アビーム買収後の社長は引き続きアレン氏が務める。EBSは現在15人のコンサルタントを抱えており、タイを中心にBusiness Process Re-engineering(BPR、情報システムを中心にした業務改革)、ERP(統合業務パッケージ)、CRM(顧客関係管理)などのプロジェクトを推進しており、2005年の売上高は3億円が見込まれている。

 現在多くの製造業が東南アジアに進出していることを受けて、アビームコンサルティングは東南アジア地域がコンサルティング市場としても期待できるとしている。同社は、東南アジアの中でもタイ、マレーシア、インドネシアを注力地域とし、それらの国へ進出する企業に対するコンサルティングサービスの拠点としてEBS買収を決定した。

 アビームコンサルティングは、アビームコンサルティング・シンガポールを東南アジアの中核拠点にして、ベトナムやフィリピンにも事業展開していく予定だ。事業内容も、情報システムの開発・導入、アウトソーシング(外部委託)受託にまで広げ、2010年までに100人まで増員することを目標にしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR