靴売場にICタグを導入し、顧客起点のSCMを構築する(前編)

小林正宗(月刊ソリューションIT編集部) 2005年09月20日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

売場改革事例/三越・阪急百貨店

三越と阪急百貨店は、2005年4月から靴売場にRFID(ICタグ)を本格導入した。これは、在庫や流通の最適化に主眼を置く従来型のSCMをにらんだものではない。顧客自らが在庫や類似品を検索できるようにすることで、確認にかかる時間を最小化。さらに欠品を防ぎ顧客満足度を向上するのが狙いだ。売場と顧客を結ぶことで、真に顧客を起点としたSCMシステムが実現する。

 SCMへの関心が高まってきた(月刊ソリューションIT8月号特集参照)。企業は、サプライチェーンの一部にのみフォーカスするのではなく、プロセス全体を最適化する方向へと、目を向け始めている。これを「第3次SCMブーム」と呼ぶ動きすらある。

 90年代に起こった最初のSCMブームでは、大企業を中心に、こぞってSCMパッケージを導入。物流の最適化を目指した。これは一定の効果はあったものの、大半が物流部門の個別最適に陥り、経営全体のパフォーマンスはむしろ悪化することもあった。

 今回の第3次ブームのキーワードは、「全体最適」だ。生産計画で利用されるVRP(輸送手段最適管理)やMRP(資材資源管理計画)を駆使して、受注から回収に到る供給全体のコストや、プロセス全体のリードタイムの最小化を目指している。

 この第3次SCMブームを支えるシステムは、SCE(SCM実行システム)やSCEM(SCMイベント監視システム)、SCP(SCM計画システム)などだ。そして、その末端を支える技術として、ICタグ(RFID)や二次元バーコード(QRコード)が数年前から注目を集めてきた。個品にICタグや二次元バーコードをつけることで、出入荷の管理が簡素化され、メーカーから小売店まで一気通貫での管理が可能となる。

 特にICタグは、モノを個々に把握できるほか、情報を書き換えられるメリットがある。また、アンテナの活用により個々の商品が、どこをどう流れているのかを把握できれば、需要予測や生産計画、販売管理の質と精度が劇的に向上する。SCMやPLMに関わる企業が、ICタグに着目した理由はそこにある。

 これらのICタグの利用方法は、いわばメーカーから小売店までのサプライチェーンの効率化を狙っている(図1参照)。ICタグを導入することで、メーカーは生産計画、卸は商品企画、小売店は発注計画に役立てようというものだ。だが、三越や阪急百貨店は、売り場と顧客をヒモ付ける手段としてICタグを導入。結果的に売上増という成果を収めた。

図1 顧客起点のSCM

 以下では、ICタグという先端ITを使って、これまでのSCMとは一線を画す「顧客起点のSCM」を構築。業務プロセス革新を成功させた2社の事例を紹介する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化