DNPとLSIジャパン、設置場所や用途に合わせて変形できるICタグリーダを販売開始

エースラッシュ 2005年09月12日 21時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)とエル・エス・アイジャパン(LSIジャパン)は9月12日、設置場所や用途に合わせて変形可能なICタグリーダ「パームタッチ」を共同で開発し、11月から販売を開始すると発表した。

 「パームタッチ」は、アンテナを内蔵した3枚のパネルで構成されている。パネル接合部を折り曲げることにより、ゲート型やトンネル型などに形状を変化させることができる。約12kgと軽量であり、折りたたみができるため移動や設置、保管が容易だ。非接触ICカードの世界標準企画であるISO15693に準拠、標準品は13.56MHzのICタグリーダライタだが、2.45GHzへの対応も可能となっている。

 機器の開発をLSIジャパンが、販売をDNPが担当する。価格は1台52万5000円で、初年度100台の販売目標を掲げている。

設置場所や用途に合わせてゲート型やトンネル型に変形できる「パームタッチ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR