RSAセキュリティ、メインフレーム向け暗号化ライブラリを発売へ

ニューズフロント 2005年09月13日 15時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは9月13日、メインフレーム用OS向け暗号化ツールキットの新版「RSA BSAFE Crypto-C v6.2.1」および「RSA BSAFE Crypto-J v3.5」を、9月21日より販売すると発表した。価格は利用形態やプラットフォーム数により異なる。

 両ツールキットは、暗号化や認証といった機能を提供する暗号化ライブラリ。RSA BSAFE Crypto-CがC言語用で、Crypto-JがJava言語用だ。メインフレーム用OSであるz/OS、OS/390、OS/400に対応しており、各OS上のアプリケーションで各種暗号化アルゴリズムの利用が可能となる。

 同社では、メインフレームでよく利用されるCOBOL言語にも対応するため、RSA BSAFE Crypto-Cのアドオンソフト「Cobol Wrapper」も同時に提供開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR