ニフティ、企業向け「迷惑メールフィルター」にシマンテックのスパム対策サービスを追加

エースラッシュ 2005年09月13日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニフティは9月13日、企業向けの迷惑メール対策サービスである「迷惑メールフィルター」を強化し、迷惑メール判定技術にシマンテックの「Symantec Brightmail AntiSpam」を追加適用すると発表した。

 迷惑メールフィルターは企業向けに提供されているサービスで、独自開発の迷惑メール判定技術と、迷惑メールの特徴を学習する「学習型フィルター」を組み合わせて迷惑メールを識別するものだ。今回Symantec Brightmail AntiSpamを追加適用することによって、より高い精度でのメール振り分けを実施可能になる。

 Symantec Brightmail AntiSpamはシマンテックが20カ国以上の「おとりメールボックス」から収集した情報を活用した迷惑メール対策サービスだ。ニフティが個人向けに提供している「迷惑メールフォルダー」ではすでに実装されている。

 迷惑メールフィルターの利用料金は、初期費用が1ドメインごとに税込で5万2500円、月額費用が1アカウント税込で263円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから