米サイベース、データ・マネジメント・システム「ASE 15」を発表

WebBCN (BCN) 2005年09月14日 12時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米サイベースは、エンタープライズ・クラスのリレーショナル・データベース・マネジメント・システムである「Adaptive Server Enterprise(ASE)」の最新バージョン「ASE 15」を発表した。

 ASEは膨大なデータベースと多量のトランザクションに対応し、高パフォーマンスを実現するミッションクリティカルなデータベース・マネジメント・システム。新版では、特許を取得したクエリ処理技術を採用したことでパフォーマンスが向上、ハードウェア・リソースの消費量が削減可能となった。また、必要な情報だけを対象にするスマート・パーティションにより、クエリ・パフォーマンスが向上。

 さらに、XML拡張機能により、非構造化データおよび半構造化データの管理機能を強化、XML文書の作成およびスキーマ検証が容易になった。オペレーティング・システム・ファイルの非構造化データに直接アクセスできる拡張サービスも搭載した。このサービスは、以前のバージョンではオプションだったが、新バージョンではコア・サーバーにバンドルされている。

 同製品には、無償の「Express Edition」から「Enterprise Family」製品までのラインアップがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR