MS、ホスティング形式のソフトウェア製品ラインを拡大へ

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年09月14日 21時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロサンゼルス発--Microsoftが、ホスティング形式のソフトウェア製品ラインを拡大する計画だ。これを実現するために、同社ではサーバソフトウェアとオンラインソフトウェアの間にある敷居を低くするつもりだと、Microsoft会長のBill GatesがCNET News.comに語った。

 Gatesは、Microsoftがロサンゼルスで開催中の「Professional Developers Conference」でCNET News.comのインタビューに応じ、同社が「software as a service(サービスとして提供されるソフトウェア)」の製品ラインを拡大する意向であることを明らかにした。顧客が、電子メールやポータルソフトなどのアプリケーションを利用する際に、サーバベースのソフトウェアをMicrosoftから購入するか、それとも、インターネット経由でサービスの配信を受けるかを、みずから選択できるようにしようというのが、同社の考え方である。

 この考えに実現するには、Microsoftは、ソフトウェアパッケージである「Exchange Server」「SharePoint Portal Server」「Active Directory(AD)」が持つ機能を、オンラインサービスである「Hotmail」「MSN Spaces」「Passport」が持つ機能と統合する必要がある。

 「Microsoftが提供するサービスの多くは、開始時点において、非常に安価である一方、機能性に欠けていた。それに対して、サーバソフトウェアは、機能が非常に豊富だ」とGatesは述べ、「われわれはADとPassport、HotmailとExchange、MSN SpacesとSharePointを組み合わせることで、顧客に豊富な機能だけでなく、サーバ製品かサービスかの選択肢を提供できるようになる」と続けた。

 Microsoftは、「MSN Messenger」サービスと「Live Communications Server」用に、共通の技術基盤を既に構築している。

 Microsoftは今週、APIの拡張セットを提供する予定である。これにより、ソフトウェア開発者は、MSN Searchや「Virtual Earth」などのウェブ製品と連動するウェブアプリケーションを開発できるようになる。また、同社は、「Atlas」ツールキットの初期バージョンを開発者に提供している。同ツールキットは、MSN Frameworkと呼ばれるソフトウェアを含み、ウェブ製品と連動するオンラインウェブアプリケーションのビルドを支援する設計になっている。

 Gatesによると、Microsoftがホスティングするサービスの大部分は、企業顧客向けになるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化