CA、Windows XP Embedded上で稼働する組み込み機器向けウイルス対策ソフト

ニューズフロント 2005年09月15日 16時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータ・アソシエイツ(CA)は9月15日、組み込み機器向けウイルス対策ソフト「eTrust Antivirus for Windows XP Embedded」の販売を開始した。ソフト開発キット(SDK)「eTrust Antivirus for Windows XP Embedded Software Developer's Kit」とランタイムエージェント「eTrust Antivirus for Windows XP Embedded Run-Time Agent」で構成する。

 eTrust Antivirus for Windows XP Embeddedは、組み込み機器向けOS「Microsoft Windows XP Embedded」に対応したソフト。メモリやディスク容量に制約のある組み込み機器に対し、ウイルス対策機能を直接導入できる「国内初のエンドポイント型アンチウイルス」(同社)である。機器自体がウイルス検出や駆除を実行するので、メンテナンス用PCからウイルスが感染するといった内部感染時でも、速やかな対応が可能となる。

 コンポーネント化されたモジュール構造を採用しており、Microsoft Target Designerを使用すると、組み込み機器の構成に合わせて設定や構成を変えられる。そのため、メモリやディスク容量の少ない小規模環境から、モニターやマウスなどのないヘッドレス環境まで、さまざまな組み込み機器のOSに導入できる。

 同社の企業向けアンチウイルス製品「eTrust Antivirus」と同じスキャンエンジンを採用しており、最大2つのエンジンを機器に搭載できる。管理サーバから複数の機器を一元管理することも可能。

 eTrust Antivirus for Windows XP Embeddedの税別価格は、SDKが50万円、ランタイムエージェントが2400円。同社では、今後1年間で5億円の販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから