サン、Galaxyサーバを日本でお披露目--マクニーリ氏がアピール

西田隆一(編集部) 2005年09月16日 22時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは9月16日、Advanced Micro Devices(AMD)のOpteronプロセッサを採用した新サーバ製品を発表した。

 今回、発表されたのはラックマウント型ローエンドサーバのSun Fire X4100、Sun FireX4200、Sun Fire X2100の3種類。Sun Fire X4100およびX4200は、シングルコアあるいはデュアルコアのOpteronプロセッサを最大2基搭載できる。また、廉価版となるSun Fire X2100にはOpteronプロセッサ1基のみ搭載可能となっている。これと同時にタワー型ワークステーションのSun Ultra 20 Workstationも発表されている。

 Sun Fire X4100、X4200はコードネーム「Galaxy」と呼ばれていたもので、サン創業者の一人であるアンディ・ベクトルシャイム氏が開発している。ベクトルシャイム氏はOpteronサーバを製造するKealiaの共同設立者であったが、2004年にサンがKealiaを買収したことでサンに復帰している。

 発表に際して来日したサン・マイクロシステムズのスコット・マクニーリ会長兼CEOは、Sun Fire X4100をインテルのXeonプロセッサを搭載したデルの製品と比較して1.5倍高性能、3分の1の省電力、4分の1の省スペースでコストは2分の1と語るなど、デルを意識した製品であることを印象付けた。

 同氏はデルがインテルのItaniumプロセッサ採用を止めたことにも言及しながら、「デルもAMDを採用すべき」とライバル社をけん制する場面もあった。発表会に同席したAMD会長兼CEOのヘクター・ルイズ氏は、サンとの関係について、「AMDは単なるサプライヤーではない。開発から協力した関係」と両者の蜜月ぶりをアピールした。

 マクニーリ氏が同製品に対して強調するのは顧客に対するプラットフォームの選択肢の幅である。「われわれはLinuxやSolaris 10、Windowsを提供する。Windowsについてはマイクロソフトと直接的なサポートを契約して、アップデートやパッチなどを提供していく」と語る。ルイズ氏も「サンはサーバベンダーとして唯一Solaris、Linux、Windowsをサポートしている」と声をそろえる。

 マクニーリ氏によれば、今回発表されたサーバの上位機種にあたる、プロセッサーを4機搭載できるサーバや8機搭載できるサーバが、今後半年から1年以内に発表されるという。

なお、価格はSun Fire X4100が27万7000円から、Sun Fire X4200が32万7000円から、Sun Fire X2100が9万4000からで、出荷開始時期は11月上旬(X2100は同中旬)となっている。

新製品の前で握手するスコット・マクニーリ氏(左)とヘクター・ルイズ氏(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR