サン、Galaxyサーバを日本でお披露目--マクニーリ氏がアピール

西田隆一(編集部) 2005年09月16日 22時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは9月16日、Advanced Micro Devices(AMD)のOpteronプロセッサを採用した新サーバ製品を発表した。

 今回、発表されたのはラックマウント型ローエンドサーバのSun Fire X4100、Sun FireX4200、Sun Fire X2100の3種類。Sun Fire X4100およびX4200は、シングルコアあるいはデュアルコアのOpteronプロセッサを最大2基搭載できる。また、廉価版となるSun Fire X2100にはOpteronプロセッサ1基のみ搭載可能となっている。これと同時にタワー型ワークステーションのSun Ultra 20 Workstationも発表されている。

 Sun Fire X4100、X4200はコードネーム「Galaxy」と呼ばれていたもので、サン創業者の一人であるアンディ・ベクトルシャイム氏が開発している。ベクトルシャイム氏はOpteronサーバを製造するKealiaの共同設立者であったが、2004年にサンがKealiaを買収したことでサンに復帰している。

 発表に際して来日したサン・マイクロシステムズのスコット・マクニーリ会長兼CEOは、Sun Fire X4100をインテルのXeonプロセッサを搭載したデルの製品と比較して1.5倍高性能、3分の1の省電力、4分の1の省スペースでコストは2分の1と語るなど、デルを意識した製品であることを印象付けた。

 同氏はデルがインテルのItaniumプロセッサ採用を止めたことにも言及しながら、「デルもAMDを採用すべき」とライバル社をけん制する場面もあった。発表会に同席したAMD会長兼CEOのヘクター・ルイズ氏は、サンとの関係について、「AMDは単なるサプライヤーではない。開発から協力した関係」と両者の蜜月ぶりをアピールした。

 マクニーリ氏が同製品に対して強調するのは顧客に対するプラットフォームの選択肢の幅である。「われわれはLinuxやSolaris 10、Windowsを提供する。Windowsについてはマイクロソフトと直接的なサポートを契約して、アップデートやパッチなどを提供していく」と語る。ルイズ氏も「サンはサーバベンダーとして唯一Solaris、Linux、Windowsをサポートしている」と声をそろえる。

 マクニーリ氏によれば、今回発表されたサーバの上位機種にあたる、プロセッサーを4機搭載できるサーバや8機搭載できるサーバが、今後半年から1年以内に発表されるという。

なお、価格はSun Fire X4100が27万7000円から、Sun Fire X4200が32万7000円から、Sun Fire X2100が9万4000からで、出荷開始時期は11月上旬(X2100は同中旬)となっている。

新製品の前で握手するスコット・マクニーリ氏(左)とヘクター・ルイズ氏(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化