トレンドマイクロがスパムメールを遮断するサービスを提供

田中好伸(編集部) 2005年09月20日 17時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロは9月20日、スパムメール遮断サービス「Trend Micro Network Reputation Services」を企業やインターネット接続事業者(ISP)向けに10月31日から提供することを発表した。今後1年間で1億円の販売を目指す。

 Network Reputation Servicesは、メールがメールサーバに到達する前に送信元のIPアドレスから、スパムメールを自動的にブロックする。同サービスは、メールサーバにソフトを導入せずに、メールサーバの設定を変更することで利用でき、トレンドマイクロはスパムメールを判断する際のデータベースを更新する。

 スパムメールかどうかの判断は、トレンドマイクロが独自に収集したスパムメール発信元のIPアドレスを蓄積しているデータベースを利用して、IPフィルタリング機能をメールサーバに提供する。データベースは、トレンドマイクロの専門調査スタッフが検証し、手入力と目視でチェックし、不正なものであることを確認してから、随時登録・修正していく。

 Network Reputation Servicesは「Trend Micro RBL+ Service」と「Trend Micro Network Anti-Spam Service」の2つから構成される。RBL+ Serviceは、メールサーバがメールを受信する前に発信元のIPアドレスとデータベースを照合して、スパムメールをブロックする。

 Network Anti-Spam Serviceは、RBL+ Serviceで提供される機能に加えて、ヒューリスティック・複数アルゴリズム技術で、スパムメールを発信するIPアドレスのデータベースを5分ごとに再構築する。これにより、PCに侵入しリモートでPCを操るボット、ボットで乗っ取られたゾンビPCから発信されるスパムメールにも対応できる。

 トレンドマイクロでは、参考価格としてRBL+ Serviceがユーザー数50で年間3万5000円、Network Anti-Spam Serviceがユーザー数50で年間6万5000円としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化