沖電気、国内初のVoWLAN対応の分散型無線アクセスポイント2機種を発売

WebBCN (BCN) 2005年09月21日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業(篠塚勝正社長)は、無線LAN上でVoIP通信を行うVoice over Wi reles LAN(VoWLAN)対応の分散型無線アクセスポイント「MWINS(エムウイン ズ)BR2100シリーズ」2機種を発売する。出荷開始は11月21日の予定。年間500 0台の販売を目指す。

 パケット処理等用のコプロセッサを内蔵するネットワーク機器向けのプロセ ッサ「インテル IXP425ネットワーク・プロセッサ」を搭載することで、従来、 無線LANコントローラ/無線LANスイッチとAPの両者の働きで実現していた機能 を、近隣のAP同士が情報交換することによってAPのみで実現する、国内初の分 散型AP。高価な無線LANコントローラや無線LANスイッチを導入することなく、 既存のネットワーク機器の継続利用が可能なため、小規模事業所やサテライト オフィス(支店)でも、安価で簡単にVoWLANシステムを構築できる。

 また、VoWLANで音声品質を保つための機能として、音声パケットを優先する IEEE802.11e(EDCA方式)準拠の「QoS制御機能」、端末集中で発生する無線区 間での許容通信量オーバーによる音質劣化を防ぐ「接続制限機能」、移動中通 話での音声の途切れを抑制する「高速ハンドオーバ機能」などを搭載。盗聴・ 改ざん・なりすましを防止するセキュリティ機能には、IEEE802.11i準拠の認 証と暗号化を搭載している。

 このほかの特徴は、(1)分散型アクセスポイント方式によりコントローラが 不要、(2)コントローラレスで無線LANネットワークの構築が簡単、(3)保守コ ンソールソフトで設定・管理(一括設定・管理・障害解析)が容易、(4)IEEE8 02.11aは国際標準の新5GHz帯(W52/W53)に対応──など。

 価格は、比較的データ通信のトラフィック量が少ないユーザー向けで、IEEE 802.11aまたは11b/gを切り替えて使用する「MWINS BR2101」が15万8000円。 データ通信のトラフィック量が多く、VoIP通信とPCなどのデータ通信を分離さ せたVoWLANシステムを構築するユーザー向けで、11aと11b/gを同時使用でき る「MWINS BR2102」が19万8000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化