ソリトン、メールセキュリティを強化した米国製ファイアウォール製品

WebBCN (BCN) 2005年09月21日 12時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソリトンシステムズ(鎌田信夫社長)は、米国GTA社のファイアウォール製 品「GB-2000」を販売開始した。ユーザー数無制限のファイアウォール/VPN機 能を基本とした中規模ネットワーク向けファイウォールアプライアンスで、今 回新たに、アンチスパム機能、アンチウイルス機能を搭載し、メールセキュリ ティ機能を強化した。

 セキュリティ機能は、標準機能としてファイアウォール機能、拠点間VPN 機 能の2種類を搭載。さらにオプションで、モバイルVPN機能、スパムメール対策 機能、ウイルスメール対策機能、コンテンツ・フィルタリング機能の4つを選 択できる。

 各オプション機能はあらかじめインストールされており、企業の利用目的や 規模に応じて必要なライセンスを購入し、機能を有効にするだけで利用できる 仕組み。スパムメール対策は、MailShell社、ウイルスメール対策はKaspersky Labs社、URLフィルタリングはSurfControl社と、各専門メーカーのエンジン を採用している。

 価格は、製品本体がオープンプライス。オプション機能のライセンス価格は、 100ユーザーの場合で、スパムメール対策が年額12万円/年、ウイルスメール 対策が8万2000円/年、URLフィルタリングが24万円/年となる。

 同社では、パートナー経由で年間1000台の販売を見込んでいる。なお、コン サルティングなどの導入支援サービスほか、オンサイト保守などの導入後のサ ポートメニューも用意している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR