アイログ「ILOG JRules」が「WebSphere Process Server」と連携

エースラッシュ 2005年09月21日 21時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイログは9月21日、同社のビジネス・ルール管理ソフト「ILOG JRules」を、米IBMのSOA基盤である「WebSphere Process Serverバージョン6.0」と連携させると発表した。

 WebSphere Process Serverは、Enterprise Service Bus(ESB)機能を含んだSOA基盤である。ILOG JRulesを用いて、WebSphere Process Serverで実行させるビジネス・ポリシーの設計・運用負荷を軽減する。対象となる業務プロセスは、特に価格設定や福利厚生管理、保険請求処理、ローンと保険の引受け、販促とロイヤリティの管理などが挙げられる。

 今後は、米IBMのワークフロー管理ソフト「WebSphere MQ Workflow」(旧MQSeries Workflow)との連携も予定する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!