MSがMac用Officeの対話機能を強化、サービスパック2を提供開始

エースラッシュ 2005年09月21日 21時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米MicrosoftのMacintosh Business Unit(以下、MacBU)は米国時間の9月20日、MacOS用オフィス製品のエンタープライズ(企業情報システム)向けのコラボレーション機能を強化するサービスパック「Microsoft Office 2004 for Mac サービス パック 2(Office 2004 for Mac SP2)」の提供を開始した。

 Office 2004 for Mac SP2では、Officeに含まれるアプリケーションの1つ「Entourage 2004 for Mac」に組み込まれている「Exchange Server」関連の機能を拡張する。Entourage 2004ユーザーによるExchange Server上のグローバルアドレスリストの閲覧環境も改善し、利用しやすくした。またOffice 2004 for Macに含まれるアプリケーションすべてをアップデートする。電子メールやスケジュール管理機能、代理人アクセス機能も改善したため、管理者はOutlookを経由せずにEntourage上で機能設定ができるようになった。

 サポートする言語は英語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、スペイン語、スウェーデン語で、「Microsoft AutoUpdate」およびダウンロードセンターを通じて提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR