「メール送信者認証方式にシェアは無意味」--米Sendmail社CTO

日川佳三(編集部) 2005年09月26日 21時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 sendmailの開発者で現在は米SendmailのCTO(最高技術責任者)であるエリック・オールマン(Eric Allman)氏が来日した。来日中の同士は9月26日、企業がスパム対策やフィッシング対策を実施するための素材として利用する電子メールの送信者認証方式の現状と、米Sendmailによる取り組みを語った。

米SendmailのCTO(最高技術責任者)であるエリック・オールマン(Eric Allman)氏

 米Sendmailによる送信者認証の実装は、まず、米Microsoftが開発した仕様「CallerID for E-Mail」と、米Yahoo!と米Sendmailが開発した仕様「DomainKeys」を扱うための仕組みを2004年に実装した。その後、CallerID for E-Mailと「SPF」(Sender Policy Framework)をまとめた「Sender-ID」を実装。今後、DomainKeysと「Identified Internet Mail」を統合した「DomainKeys Identified Mail」(DKIM)を実装する。現在ではメールフィルタAPIであるMILTER経由でDKIM機能を利用できる。

 Sender-IDとDKIMの違いはこうだ。Sender-IDはSMTPセッションのMAIL FROMで渡されるドメインと送信データに含まれるFromヘッダーのドメインのいずれかまたは両者をDNSで調べ、送信サーバのIPアドレスによる認証を実施する。DKIMは受信メールのヘッダーに含まれる電子署名を、DNSから得た公開鍵を用いて復号して検証し、送信サーバを認証する。いずれもメール受信サーバ側が機能を実装する必要がある。メール送信サーバ側は、Sender-IDはDNS情報の変更だけでよいのに対して、DKIMの場合はメール送信サーバに電子署名機能を付加する必要がある。

 sendmailは従来通り、市場に存在するメール送信者認証機能のいずれをも実装するという基本ポリシーを持つ。こうしたポリシーの下でも、エリック・オールマンCTOは最新のメール認証方式であるDKIMを高く評価した。DomainKeysとDKIMの利点として、Sender-IDと異なり、メールの中継経路に依存しない認証が可能である点を挙げるとともに、PKI産業のような、第3者認証機関が電子証明書に署名をするという大掛かりな手続きが必要ない点に触れた。

 エリック・オールマン氏はDKIMの近未来を以下のように予測する。企業がDKIMを採用し始めるのは2006年である。メール送信者がDKIMを採用するだけでなく、メールを受信する企業も、重要な注目すべき企業群が送信者としてDKIMのヘッダー情報を付加したタイミングで採用する。「インターネット全体でのシェアは関係がない。企業は、自社から見て重要な企業が採用した認証仕様を採用する」(エリック氏)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化