IIJ、スパム対策でOutbound Port 25 Blockingを導入--送信ドメイン認証も導入予定

田中好伸(編集部) 2005年09月27日 23時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、携帯電話向けの迷惑メール(スパム)を防止するために「Outbound Port 25 Blocking」(OP25B)という手法を10月18日から導入する。

 スパム配信事業者は、契約したISPが管理する送信用メールサーバ(SMTPサーバ)を経由せずにTCP25番と呼ばれるポートを利用して通信し、あて先のSMTPサーバに直接接続してスパムを送信する。OP25Bは、このTCP25番を遮断することで、スパムを送信できないようにする。米国では多くのISPが実施している手法だ。

 IIJは、個人向け接続サービスのIIJ4U、IIJmioでスパム配信事業者がオンラインサインアップで入会して、スパムを配信していることが多いと説明している。なかでも携帯電話向けのスパムが多いという。

 このような事態を受けて、IIJはIIJ4UとIIJmioにOP25Bを導入する。IIJが指定するSMTPサーバを経由しないメール送信を禁止することで、携帯電話向けのスパムを防止する。

 IIJはスパム対策として、送信ドメイン認証技術を導入していくとしている。11月中にも個人向けで開始し、12月中には法人向けのIIJポストオフィスサービス、IIJメールゲートウェイサービスでも始める予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR