SAP、NetWeaverのパートナーネットワーク強化へ--新団体設立

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年09月28日 12時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボストン発--ビジネスアプリケーション最大手のSAPがパートナーネットワークを拡大し、NetWeaverソフトウェアの開発を促進するためのコミュニティフォーラムを立ち上げた。

 同社は米国時間27日、当地で開催されている「SAP TechEd」カンファレンスで「Enterprise Services Community Process」を発表した。これはSAP、顧客、そしてさまざまな独立系ソフトウェアベンダー(ISV)にSAPのアドオン製品開発を促すための団体だ。SAPによると、同団体はJava Community ProcessやEclipseオープンソースファウンデーションなどの共同標準化団体をまねて作られたという。

 さらにSAPは、Dell、Hewlett-Packard(HP)、Network Appliance、Novell、Research In Motion、RSA Securityの各社が新たにパートナーに加わったことを発表した。これらの企業は、SAPのアプリケーションに最適化された製品の開発を進めているという。SAPは6月にも、Cisco Systems、Intel、Microsoftをはじめとする多数の大手ITベンダーが、「Enterprise Services Architecture(ESA)」と呼ばれるSAPのアプリケーションの青写真を利用して、SAPアプリケーションとの連係を強化していることを発表している。

 SAPのパートナーネットワークは、Oracleの積極的なパッケージアプリケーション市場参入に対抗する重要な砦だ。同社はNetWeaverインフラソフトウェアを、大量のサードパーティー製品を運用するための「プラットフォーム」にしようとしている。

 SAPのShai Agassi(製品/技術グループ プレジデント)は、ライバルのOracleに言及し、「わざわざ手当たり次第に会社を買収する必要はない。必要なのは、一緒に革新を進めるためのエコシステムだ」と語った。

 OracleはPeopleSoftやRetekを買収し、Siebelの買収手続きも進めている。「Fusion」のブランド名を使い、ポータルやビジネスインテリジェンスなど、自社の全アプリケーション共通のソフトウェアコンポーネントを作り出すことがOracleの戦略だ。

 Oracleの経営陣によると、インフラソフトウェア(ミドルウェア)の分野では、自社のほうがSAPより経験が豊富だという。先週開催された「Oracle OpenWorld」カンファレンスでは、CEO(最高経営責任者)のLarry Ellisonが、SAPのミドルウェア市場参入にOracleは「ワクワクしている」と語っていた。

 Ellisonは、「SAPはNetWeaverに重点を置くことにした。よく調べれば分かるが、この製品はあまりマーケットシェアを確保できていない」と語り、OracleのJavaミドルウェアのほうが新しい標準に準拠していると付け加えた。

 SAPの幹部らによると、同社のEnterprise Services Community Process参加者は市場ニーズを特定する上で有用だという。さらに、ISV各社がアドオンを開発できるよう、同社は今後2〜3年の製品プランを詳細に説明し、技術定義やツールも提供していくという。

 SAPは「Powered by NetWeaver」という認定プロセスを利用して、ESAの仕様に準拠した製品を認定していく。Java Community Processの設立に関与した元Sun Microsystems幹部のGeorge Paoliniは、現在SAPでプラットフォーム・エコシステム開発担当のシニア・バイスプレジデントを務めており、同社のパートナーネットワーク強化を勧めている。

 Agassiはこの日の基調講演のなかで、顧客は他のISVからもっと多くのSAP関連製品が購入できるようになるはずと述べた。

 「Enterprise Services Architectureの後には、これらのサービスをベースにしたわれわれのアプリや、ISVからのアプリ・・・そして顧客自身が開発するアプリで、企業のアプリケーションが構成されるようになる」(Agassi)

 同氏は、来年末までにESAに準拠したISV製のアプリケーションが1000種類程度出揃うだろうと予想した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR