NTTコムウェア、IP電話での音声通話をサーバー上で管理できるソリューション

WebBCN (BCN) 2005年09月29日 11時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコムウェア(今井郁次社長)は、VoIPソリューションシリーズ「NEXIPT (ネクシプト)」のIPテレフォニーシステム「ビジネスコミュニケーションSS 70V」に、IP電話の通話を録音し、音声ファイルをサーバー上で保存・管理で きる通話録音ソリューションを追加し、9月30日から販売開始する。

 新ソリューションは、特別な操作やアダプタなしでIP電話での通話を録音で き、録音されたファイルを証跡として残すことができるもの。顧客応対内容を 確認し、違法行為につながる会話や相手に誤解を与える発言の有無を確認する ことができるほか、顧客との応対マナーの再確認ができるため、トラブルの未 然防止や社員教育としての利用もできる。また、保存した録音内容は、音声フ ァイルとしてメールに添付、転送し、顧客の用件を他の社員が把握することも できる。

 企業でのIP電話としての活用では、「ビジネスコミュニケーションSS70V」 と連携し、録音対象として指定したIP電話機での通話を発着信とも自動的に録 音する。また、録音ファイルはサーバーで通話履歴とともに一括管理され、We bブラウザから通話履歴の閲覧や録音ファイルの転送・再生・削除を行うこと が可能。

 このほかの特徴は、(1)録音した内容の閲覧者権限を複数の人に設定可能、 (2)データベースから必要なメッセージを日時や発着信番号、ユーザー名など の検索キーワードで検索できる、(3)画面に表示された着信番号をクリックす るだけで電話を折り返せる機能を装備――など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR