東京エレクトロンが米BrocadeのWAFS機器を11月出荷

日川佳三(編集部) 2005年09月29日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京エレクトロンは11月1日、米Brocade Communications Systemsが開発したWAFS(Wide Area File Services、広域ファイル・サービス)機器「Tapestry WAFS」を出荷する。価格は120万円(10クライアント構成)から。初年度売上目標は5億円。同社は販売促進で、米Brocade Communications Systemsの日本法人であるブロケードコミュニケーションズシステムズと協力する。

Tapestry WAFS

 広域ファイル・サービスWAFSとは、WAN(通信回線)を経由してファイル・サーバを利用できるようにする高速化技術を指す。高速化の仕組みは、データ・センターと遠隔拠点の双方にWAFS機器を設置することで、WAFS機器間に発生する通信を減らすというもの。転送済みデータのキャッシュやデータ圧縮による転送データ量の削減のほか、TCPコネクションの集約によるネットワーク・プロトコルの簡略化などを施す。

 WANを超えたファイル・アクセスであるWAFSが生まれた背景には、各拠点に分散していたファイル・サーバをデータ・センターに一元化して集中管理したいという企業の需要がある。資源の集中化には、古くは運用管理コストの削減、最近では情報漏えい対策などセキュリティ上の目的がある。ただし、WANはLANと比べて遅延が大きく帯域も狭いため、ファイル・サーバをそのままデータ・センターに移行しただけでは満足のいくファイル・アクセス性能が出なかった。

 Tapestry WAFSは、CIFS(Common Internet File System)やNFS(Network File System)などコンピュータが利用するネットワーク・ファイル・システムへのアクセス用プロトコルを、「SC/IP」と呼ぶWAN用に最適化した独自開発プロトコルに変換する代理装置である。遠隔拠点に設置したTapestry WAFSは遠隔拠点のコンピュータから見るとプロキシ・サーバとして振る舞い、データ・センターに設置したTapestry WAFSは、データ・センターのファイル・サーバから見るとリバース・プロキシとして振舞う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化