「グリッドは日本でも成長が見込める」--日本HP、金融向けの検証施設を設立

田中好伸(編集部) 2005年09月29日 20時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は9月29日、金融分野向けにグリッドコンピューティングの検証施設「日本HP金融グリッドセンター」を設立することを発表した。日本HPによれば、金融向けのグリッド検証施設は日本初という。

 日本HPでは、パッケージ・ソフトメーカーやSI事業者と協調しながら金融グリッドセンターを中心として、金融向けグリッドの普及を促したい考えだ。また同センターを活用して、グリッドに最適なシステムインフラも提供していく。

 インダストリマーケティング本部の三身徳人氏は、「センターは、グリッドシステムとグリッドを構成するサーバなどの販売活動の一環と位置付けている」として、センターの利用料金を原則無料にしていく。利用開始は11月上旬を予定している。

 金融グリッドセンターでは、市場リスク分析や信用リスク分析、デリバティブ分析などの金融向けアプリケーションのグリッド上での動作検証やテスト環境の構築を実施する。

 センターで提供されるサービスは、グリッド用ミドルウェアとアプリケーションの組み合わせ検証、グリッドと既存の対称型マルチプロセッシングとの性能比較、インテルXeonやAMDのOpteronへの最適化支援、新規グリッドインフラ開発など。

 同センターにある設備は、ハードウェアとしてブレード型サーバで構成されるHP BladeSystem、タワー型サーバのHP ProLiant DL、大規模サーバのHP Integrityなど。最大32ノードでの検証ができる。ソフトでは、グリッド構築ミドルウェアとしてカナダPlatformのLSFとPlatform Symphony、米DatasynapseのDatasynapse Grid Server、基本ソフト(OS)はRed Hat Enterprise Linux、Novell SUSE LINUX Enterprise ServerとWindowsとなっている。

 現在、日本でグリッドの利用は学術研究分野が中心となっているが、「欧米では既に金融機関をはじめとする企業業務での利用が一般的になっている」と三身氏はグリッドの応用分野の違いを指摘。さらに三身氏は「現在、米国の大手銀行はCPUの数が数千個というグリッドを導入しているが、日本の大手銀行はまだ数十個の規模にとどまっている」と日米金融機関のグリッドの導入状況の違いを説明した。ただ、「米国でも2〜3年前のグリッドはCPUの数が数十個だったことを考えると、日本でも2〜3年後には数千個のCPUが使われるだろう」と見通している。

 これまで日本HPは、金融機関からのグリッドについての要望や検証などを個別に対応してきており、「日本での金融向けグリッドは十分な成長が見込める」(三身氏)としている。センターの利用企業について三身氏は「年間30社程度になるのではないか」と見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化