日本IBM、モバイル機器向けミドルウェアの新版「WEA V5.1」を提供へ

ニューズフロント 2005年09月29日 22時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは9月29日、モバイル機器向けミドルウェアの新版「WebSphere Everyplace Access(WEA)V5.1」を発表した。9月30日に出荷を開始する。使用料金は1CPU当たり1500万円。50ユーザー向けに限定した「WebSphere Everyplace Access Starter Edition V5.1」は450万円。

 WEA V5.1は、企業内で運用されているサーバとモバイル機器とを無線ネットワーク経由で同期するためのミドルウェア。電子メールやカレンダのほか、同社のモバイル機器向けデータベースソフト「DB2 Everyplace」を利用すると、データベースサーバとの同期も可能となる。すべてのモバイル機器をサーバから集中管理し、アップデートソフトを配布するといったことも可能だ。

 新版では、サーバ稼働環境としてWindows Server 2003とUnixを追加した。

 同社は、WEA V5.1をNTTドコモの企業向けスマートフォン「ビジネスFOMA M1000」に対応させる方針も表明した。ただし、現在のところ製品化の詳細は未定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR