マイクロソフト、Exchange Server中心のキャンペーンを展開--2割引きで提供

田中好伸(編集部) 2005年09月30日 00時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは、「Microsoft Exchange Server」を中心にした中堅企業向けパッケージ製品「Windows中堅企業向けインフラサーバー」を10月3日から発売する。価格は123万円。

「Exchange Serverは今年で10周年」五十嵐光喜グループシニアマネージャ

 従業員50〜250人程度を対象にした中堅企業向けインフラサーバーは、Exchange Server、「Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition」、システムを管理する「Microsoft Operations Manager(MOM)2005 Workgroup Edition」のサーバとClient Access License(CAL、サーバに接続するクライアントPCごとに料金が徴収される)をパッケージで提供する。MOM 2005 Workgroup Editionは、このパッケージでのみ提供されるという。

 個別に各製品を揃えるよりも約20%安価に購入できるという。提供されるライセンスの構成は以下の通り。

  • Windows Server 2003 = 3サーバライセンス
  • Exchange Server 2003 = 1サーバライセンス
  • MOM 2005 Workgroup Edition = 1サーバライセンス
  • Windows Server CAL = クライアントPC50台分
  • Exchange Server CAL = クライアントPC50台分

 中堅企業向けインフラサーバーとは別に、Windows ServerとExchange Serverの各CALを上限200まで購入できる「Windows中堅企業向けインフラCAL」も提供される。中堅企業向けインフラCALはWindows Server CALとExchange Server CALがそれぞれ1つずつで1万4700円。中堅企業向けインフラサーバーと中堅企業向けインフラCALは、10月1日から2006年6月30日の期間限定で販売される。

 サーバープラットフォームビジネス本部の五十嵐光喜グループシニアマネージャは「中堅企業向けインフラサーバーは、2005年3月から販売している情報対策パッケージ製品『スマート情報保護パック』の後継にあたる」と説明。スマート情報保護パックは、Windows Server 2003とExchange Server 2003、情報漏洩を防止する「Windows Rights Management Services」から構成され、日本のマイクロソフトが独自に考案したパッケージ製品だ。

 これらの日本発のパッケージ製品を米Microsoftは発展させようとしている。次期Windows ServerであるLonghornと次期Exchange Serverである「Exchage12」(開発コード名)、そして管理ツールなどを組み合わせ「中堅企業向けの統合製品(開発コード名はcentro)として米Microsoftが現在開発している」(五十嵐氏)という(関連記事)。

 今回マイクロソフトが発表した中堅企業向けインフラサーバーは、同社がExchange Serverを核にした戦略「スマート情報インフラソリューション」の一環。スマート情報インフラソリューションは中堅企業向けインフラサーバーのほかに、「Core CALキャンペーン」と「セキュリティキャンペーン」がある。

 Core CALキャンペーンは、Windows Server、Exchange Server、ポータル構築・運用ソフト「Microsoft SharePoint Portal Server」、分散されたシステムを集中管理する「Microsoft System Management Server」の全機能を利用できるCALをまとめて提供する。11月1日から2006年6月30日までの期間で提供される。

 セキュリティキャンペーンでは、「Microsoft Internet Security and Acceralation Server 2004」(ISA Server 2004)を搭載したアプライアンス「MSA」シリーズを約20%安く販売するというもの。期間は10月1日から2006年6月30日まで。ISA Server 2004はファイアウォール、仮想プライベート・ネットワーク(VPN)などのセキュリティ機能を持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化