自宅での利用は7割弱が「満足」、公衆無線LANは普及伸びず--無線LAN利用状況調査

エースラッシュ 2005年09月30日 17時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社のインフォプラントは9月30日、国内における無線LANの利用状況とニーズについての調査結果を発表した。自宅での利用は7割弱が「満足」している一方で、公衆無線LANサービスは1割弱にしか普及していない。

 調査は9月14日〜16日の期間で、20歳以上のインターネットユーザー男女各600名を対象に実施した。集計回答数は合計1200名で、20代から50代まで年代別の男女各150名という分布になっている。自宅での無線LAN利用および、公衆無線LANサービスについての質問を実施した。

 無線を使ったインターネット接続サービスを不特定多数に提供する公衆無線LANの利用状況は、「ホットスポットサービスを利用したことがあるか?」との問いに対して、利用経験者は、全体の1割弱と少ない。サービスの存在を知らなかったという層も2割強存在し、普及には及んでいないことが分かる。しかし、利用したうちの9割は「便利だと思う」と回答し、メリットは「ケーブルを気にする必要がない」が6割強と最も多く、次いで「高速で通信できる」が4割強、「事前に細かい設定をする必要がない」が3割半ばとなった。

 一方で公衆無線LANサービスのデメリットは、「セキュリティーに不安がある」と「サービスを提供している場所が少ない」がいずれも5割強、「どこでサービスを提供しているかわかりづらい」が4割半ばとなった。今後の利用は、無料の場合、「利用したい」が4割弱で、「できれば利用したい」と合計で7割半ばに達した。有料の場合、「利用したくない」が4割半ば、「あまり利用したくない」と合わせると9割弱で、大半のユーザーが公衆無線LANに関して、満足度は高いが無料で利用したいと考えていることが分かった。

 自宅での無線LAN利用状況は、男性が3割弱、女性が2割強で、利用者のうち8割強がパソコンを2台以上所有している。満足度は4割弱が「満足」で、「どちらかといえば満足」と合わせて7割弱となり、多くのユーザーが満足しているということが分かる。満足である理由として、「家のどこにいてもインターネットができる」、「ケーブルがなくすっきりする」という意見が挙がったが、不満として、「通信速度が遅い」、「通信が切れる」という点も指摘された。今後の利用は、「利用したい」とした人が3割強で、「できれば利用したい」と合わせると5割半ば。利用したい理由は配線の簡便さ、利用したくない理由はセキュリティへの不安が挙がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化