MS、2006年中にWindows XP Service Pack 3をリリースへ

ZDNet France Staff 2005年10月03日 11時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、Windows XPオペレーティングシステムの3つめのサービスパックをリリースする計画であることを明らかにした。

 Microsoft Franceのテクニカル/セキュリティディレクターBernard Ourghanlianは「Windows XPのService Pack 3(SP3)を出す予定だ」と述べ、Windows XPの新たなメジャーアップデートを準備中であることを明らかにした。

 Windows XPは、2004年9月にリリースされたService Pack 2(SP2)により、セキュリティ面を中心に大幅な変更が加えられた。

 Windows XP SP3は「Windows Vista」発売後の、2006年末までに登場することになっている。Microsoft Franceによると、同社の開発チームはVistaの開発を最優先しているという。

 なお、MicrosoftはSP3の内容について詳しいことを明らかにしなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから