アプリをe-文書法対応に--RSAセキュリティが開発ツールキットを提供

エースラッシュ 2005年10月04日 22時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは10月4日、電子署名およびタイムスタンプを電子文書に付与してe-文書法に対応するための開発者向けツールキット「RSA BSAFE e-文書法対応ライブラリ」の提供を開始した。

 提供が開始されたe-文書法対応ライブラリは、電子文書に電子書名を施して原本性を証明し、作成時刻を証明するタイムスタンプが付与できる開発者向けツールキットだ。電子署名およびタイムスタンプを付与することにより、電子文書の存在証明と非改ざん証明が可能になる。なお、タイムスタンプサービスはアマノの「アマノタイムスタンプサービス3161」とPFUの「PFUタイムスタンプ サービス」に対応する。

 e-文書法対応ライブラリを使うと、現在使用しているアプリケーションにRFC3161準拠のタイムスタンププロトコルによるタイムスタンプ取得と、RFC3126準拠の長期署名フォーマットによる電子署名/タイムスタンプ付与の機能を追加できる。電子署名の暗号処理には「RSA BSAFE暗号ツールキット」を利用している。e-文書法対応ライブラリは、小型情報端末向けの暗号ライブラリ「RSA BSAFE MicroEdition」シリーズを用いたC言語用のライブラリだ。

 価格は利用形態により異なるが、社内システム向けデベロッパライセンスのスターターキットで350万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!