イーズ、分散データアクセスソフトの新版を販売開始--Excel、Accessと連携可能

田中好伸(編集部) 2005年10月05日 18時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イーズ・コミュニケーションズは10月5日、アクセス管理機能を備えた分散データアクセス・ソフトウェア「InfoUnity MONO 1.2」の新版の販売を開始した。InfoUnityは分散する異なる種類のデータベースへのアクセスを仮想的に実現する。

 最新版となる「InfoUnity MONO 1.2」では管理ツール「InfoUnity Manager」のリモート化に対応している。旧版ではローカルにある仮想のデータベース・サーバとして動作する「InfoUnity Server」のみを管理する仕様だった。新版では、別のマシン上で動作するInfoUnity Serverの管理が可能となり、システム管理者の運用管理の手間が低減されている。

 また、接続元データソースのカラムに設定されたキー属性を認識できるようになり、「Microsoft Access」のリンクテーブルを使用してInfoUnity MONO上でレコードの更新が可能となった。そのほか、「Microsoft Excel」から「InfoUnity MONO」に直接接続してデータを利用できるExcelアドイン「InfoUnity Viewer for Excel」もオプションで提供される。

 価格は、クライアントライセンス不要の「プロセッサライセンス」が1CPUあたり税別で200万円、小・中規模導入に最適な「サーバーライセンス」が1サーバ(10クライアントライセンス付き)あたり税別で98万円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!