「DPM 2006」導入済みのデータバックアップ専用サーバ「HP ProLiant DPSS」--日本HPが発売

ニューズフロント 2005年10月06日 18時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は10月6日、Windowsベースのデータバックアップ専用サーバ「HP ProLiant Data Protection Storage Server(DPSS)」の販売を開始した。

 DPSSは、「HP ProLiant」サーバベースのNAS「HP ProLiant DL100/DL380 Storage Server」に、マイクロソフトのディスクベースバックアップソフト「System Center Data Protection Manager 2006(DPM 2006)」をプリインストールして出荷される製品。税込み価格は60万9000円より。出荷の開始は10月下旬を予定している。

 DPM 2006をプリインストールしたことで、システムの導入後に新たにソフトをインストールすることなく、使用する環境のActive Directory情報やバックアップ対象などの情報を設定するだけで利用が可能。Windows OS標準のボリュームシャドウコピー(VSS)機能を使うことで、システム運用中でもデータをバックアップできる。

 また、ファイルシステム単位でのリストアに加えて、ファイル単位やディレクトリ単位での高速なリストアも特長の1つ。管理者だけでなく、ユーザーが直接リストアを実行することもできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR