日本ベリサイン、SSL暗号化通信に特化したサイト監視サービスを提供

エースラッシュ 2005年10月06日 20時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは、SSL暗号化通信に特化したウェブサイト運用監視サービス「SiteCare for SSL」を10月19日から提供する。初期費用が6万7200円、年額費用が8万8200円となっている。

 SiteCare for SSLは、SSLで暗号化されたページやフォームを対象に、インターネット経由でHTTPSポートのサービス稼動状況やレスポンスを24時間有人で監視し、障害を早期通知するサービスだ。

 サービスが稼動しているかどうかだけでなく、エンドユーザーが快適にアクセスできているかどうかなど、正常にサービスが提供されているかどうかを監視する。また、突発的な問題はリモートオペレーションセンターのオペレータが経路障害など緊急度を判別して、必要なアラートだけを運用担当者に通知する。アラートの通知方法は電話および電子メール(アドレスは2件までが指定可能)となっている。

 社内で運用するよりも安価で高品質なサービスを受けることができ、通常の環境ならばユーザー企業側で設定ぼ必要がないため、比較的容易に導入できる。

 SiteCare for SSLは、日本ベリサインのグループ会社であるサイトロックが提供中のシステム運用監視サービスを、日本ベリサイン向けにカスタマイズしたもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?