HOWS、Ajax対応ウェブアプリ構築ツール「AjaxBuilder」を11月に提供開始

ニューズフロント 2005年10月11日 15時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 HOWSは10月11日、Ajax(Asynchronous JavaScript+XML)対応ウェブアプリケーション構築ツール「AjaxBuilder」(開発コード名)の提供を11月に開始すると発表した。

 Ajaxに対応しているので、構築したアプリケーションはサーバと非同期に通信でき、ウェブブラウザの制約を受けないユーザーインターフェースの動的生成が可能。そのため、ページ全体の再表示を行わずに画面の一部やデータを更新するという機能を持つ「操作の快適なウェブアプリケーションを構築できる」(同社)。プラグインなしで再生可能なスライドショーや動画も作れる。

 同社は、AjaxBuilderを単体で販売するほか、AjaxBuilderのカスタマイズを含む企業向けソリューション提供、製品への組み込み、OEM販売も行う。また、AjaxBuilderの持つ個々の機能を分けて提供する販売活動も展開する。

 個人向け製品としては、機能簡易版「AjaxBuilder Lite」(開発コード名)の提供を予定している。価格など詳細は11月に明らかにする。

 当初、同社は各種サービスプロバイダを中心にAjaxBuilderと関連ソリューションを提供していく。今後、企業から1年間で10件の受注、総売上高2億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから