シスコのNACに対応した検疫ソフト「iNetSec Inspection Center V3.0」--PFUが発売

ニューズフロント 2005年10月12日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは10月12日、「PFU検疫ネットワークシステム」を構成する検疫ソフトの最新版「iNetSec Inspection Center V3.0」の販売を始めた。出荷の開始は12月下旬を予定。

 PFU検疫ネットワークシステムは、iNetSec Inspection Center V3.0のほか、ネットワーク認証機器、各種運用サービスを一括で提供するパッケージ製品。対応するシステムインテグレーションサービスは、PFUまたは販売パートナーが提供する。

 iNetSec Inspection Center V3.0では、検疫辞書ファイル自動更新機能と検疫ポリシー自動設定機能を新たに搭載。検疫ネットワークシステムを運用するための管理作業を不要にしている。

 最新版ではまた、ウイルス対策ソフトのリアルタイムスキャン設定状況、パーソナルファイアウォール設定状況、Windowsログオンパスワードおよびスクリーンセーバー設定状況の検査も可能になっている。

 さらに、旧版で対応していた米Top Layer Networksのネットワーク認証機器「Secure Controller」や各社のIEEE802.1x認証VLANスイッチに加え、新たに米Cisco Systemsの自己防衛型ネットワーク仕様「Network Admission Control(NAC)」にも対応。これにより、NAC対応機器を使用するユーザーは、ネットワーク機器を新たに購入したり、既存ネットワーク機器を入れ替えることなく、検疫ネットワークシステムを導入できる。

 NAC対応機器を使用し、200クライアント規模で導入する場合の税別価格は、システム一式が220万円より、運用サービスが年額117万円より。PFUでは、今後1年間で200システムの販売を目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR