ユニアデックス、セキュリティのリモート監視センターを開設

田中好伸(編集部) 2005年10月12日 20時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスのグループ会社であるユニアデックスは10月12日、企業内システムのセキュリティ状態をリモートで監視する「セキュリティー・オペレーションセンター」(SOC)の開設を発表した。10月1日からサービスを提供している。

 ユニアデックスは2005年5月から、企業が抱えるシステムのハード、ソフト、ネットワークへのサポート窓口を1ヶ所に集約したコールセンター機能とシステムの運用管理機能を一元化した組織「マネージド・サービスセンター」(MSC)を開設している。

 今回開設したSOCはMSCを構成する部署として位置付けられている。SOCは、セキュリティの専門家が24時間365日、顧客企業のシステムのセキュリティ状態を監視する。監視サービスの価格は、初期環境構築費は別にして、月額21万円からとなっている。

 ユニアデックスが提供する監視サービスは、(1)ログ監視、(2)リアルタイムのログ相関分析、(3)ウェブポータルによる情報提供--からなる。またオプションとして、簡易セキュリティ診断、脆弱性診断、システム性能分析も提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!