システム設計から運用支援までカバーするDB統合サービス、CTCと日本オラクルが提供

ニューズフロント 2005年10月13日 15時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)と日本オラクルは10月13日、異なるベンダーやOS上のデータベースシステムを統合するサービス「DBPool」の提供を10月14日に開始すると発表した。

 DBPoolは、両社が共同開発したサービスプログラム。データベース統合時のシステム設計やアプリケーション移行、システム運用の技術やノウハウを体系立てて標準化しているため、「短期間かつ低価格でデータベースを統合できる」(両社)としている。

 データベースプラットフォーム「Oracle Database 10g」とクラスタ技術「Oracle Real Application Clusters 10g」を利用しており、仮想化技術で複数ノードのデータベース統合を実現するとともに、将来的なシステム拡張への対応も容易になる。運用サービスの基盤には、日本オラクルの技術者がデータベースを24時間365日オンライン運用管理する「Oracle On Demand」を採用した。

 提供する各サービスは以下のとおり。

  • システム設計サービス
  • 運用設計サービス
  • アプリケーション適応設計
  • アプリケーション移行サービス
  • システム運用支援サービス

 両社は2005年度に15社への導入を目標とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR