富士通、ストレージアウトソーシングサービスを「ストレージ-LCM」として体系化

エースラッシュ 2005年10月17日 20時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は10月17日、ストレージアウトソーシングサービスを「ストレージ-LCM」として体系化し、提供を開始した。

 ストレージ-LCMは、富士通が従来提供しているストレージアウトソーシングサービスに、顧客企業の事業所にストレージシステムを置く「お客様サイト設置型」を追加して、新たなサービスラインナップとして体系化されたもの。顧客企業は、従量課金・固定課金、データセンター設置・自社内設置を選択できるようになる。

 同サービスの利用により、ユーザー企業は業務環境や用途を考慮した最適なサービス形態が選べるとともに、ディスク使用量に応じた課金が可能になるなど、効率的なアウトソーシングが可能になる。

 また、運用管理サービスをワンストップで提供するためメンテナンス負荷が軽減軽減できるほか、IT基盤「TRIOLE」をベースにした高度なILM(情報ライフサイクル管理)も実現されている。

 同社はストレージ-LCMについて、今後3年間で導入企業100社、受注額100億円を目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR