MSとグローバル ナレッジ、Windows環境の最適化支援サービスを無償提供

ニューズフロント 2005年10月18日 14時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとグローバル ナレッジ ネットワークは10月18日、企業顧客向けのWindows ITインフラ最適化支援サービス「マキコ先生のRFP作成無償指導サービス」を、2005年11月1日より2006年6月30日までの間、無償提供すると発表した。

 このサービスは、ITインフラの見直しを検討中の企業に対し、システム移行の経験と知識を持つ「インフラ最適化アドバイザ」がActive Directory環境構築に向けた提案依頼書(RFP)の作成を審査し、改善のポイントを指導する。これにより、両社はWindows環境への移行を支援する。さらに、Windows Server 2003およびActive Directoryをベースとして、経済産業省のガイドライン「技術的安全管理措置」を段階的に適応可能なITインフラ構築を推進する。

 具体的には、企業のシステム担当者が作成したRFPにもとづき、インフラ最適化アドバイザが指導をする。合計2回までのRFPテンプレート添削を通じ、Active DirectoryとクライアントPCの導入計画策定をアドバイスする。対象製品は、Windows Server 2003、Windows XP Professional、Microsoft Office 2003 Editions。

 同サービスを提供するにあたり、マイクロソフトはクライアントPC用Windows OSのユーザー企業に対し、同サービスの告知と啓蒙を実施する。なお、グローバル ナレッジは同サービスの開発と運用を担当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?