夜間や休日などに空いているPCで高速計算を実現--NECがグリッドミドルウェアを発売

エースラッシュ 2005年10月18日 20時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは10月18日、サイエンスグリッドコンピューティング用ミドルウェア「WebSAM GridSchedulingMaster」の発売を開始した。第一号ユーザーは東京農工大学で、府中キャンパスと小金井キャンパスの約320台のPCに導入されている。

 WebSAM GridSchedulingMasterは、夜間や休日などシステムが使用されていない時間帯にPCやワークステーションなどをクラスタ化し、大量かつ高速の計算処理を実現するサイエンスグリッドコンピューティング用のミドルウェア。異なるハードウェアはもちろん、Windows、Linux、Mac OSなどのOSが混在した環境においても利用可能。ウェブ対応のユーザーインターフェースにより、一台のコンピュータシステムを操作するようにグリッド環境を設定できる。

 販売価格は税別370万円より。システム構築を支援する「グリッド環境構築サービス」やユーザー固有のカスタマイズを実施する「カスタマイズサービス」などのサポートサービスも提供される。 NECでは、「個別のサイエンスグリッドコンピューティングシステムに比べて3分の1程度のコストで構築できる」としている。

 NECでは今後、大学の研究活動や製造業における設計シミュレーション、製薬会社のバイオ研究、金融業における金融工学計算やデリバティブ解析など、複雑な科学技術計算を必要とするユーザーに対して、既存のコンピュータリソースを有効に活用するソリューションとして提案。今後3年間で100システムの出荷を見込んでおり、2008年にはグリッド関連事業全体で国内シェア30%を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!