シスコ、NTTコムの企業向けIP電話サービスとの接続を開始

WebBCN (BCN) 2005年10月19日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シスコシステムズ(シスコ、黒澤保樹社長)は、同社の企業向けIPコミュニケーションシステム(呼制御サーバー)「Cisco Call Manager」と、中小オフィス向け統合型IPコミュニケーションシステム「Cisco Call Manager Express」、NTTコミュニケーションズ(NTTコム、和才博美社長)の提供する企業向けIP電話サービス「.Phone IP Centrex」の接続を開始する。

 今回、NTTコムの「.Phone IP Centrex」と「Cisco CallManager」をシームレスにIP接続するのが、Cisco IOSに統合されたセッション・ボーダー・コントローラー「Cisco Multiservice IP-to-IP Gateway」(以下、IPIPGW)だ。IPIPGW機能を分散配置することで、事業拠点ごとに「.Phone IP Centrex」を接続できるようになる。また、「Cisco CallManager Express」では、Ciscoルーター(Cisco 2600/3700シリーズ、サービス統合型ルーターCisco ISR 2800/3800シリーズ)にIPテレフォニー機能が搭載されているため、ルーターインターフェースで専用装置なしで「.Phone IP Centrex」に接続できる。

 また同ソリューションにより、ユーザーはIP電話による通話コストの削減と同時に、同社が提供する「Cisco IP Communicator」や「Cisco Unity」などのIPコミュニケーションアプリケーションと連携することも可能になる。

 「Cisco Multiservice IP-to-IP Gateway」の価格は138万4950円(本体、IOS、IPIPGWライセンス込み)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?