日本市場向け「ホット・プラガブル」構想を発表--日本オラクルがSOA戦略を強化

山下竜大(編集部) 2005年10月24日 21時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは10月24日、同社のミドルウェア戦略の1つでオラクル以外のミドルウェア製品やデータベースと「Oracle Fusion Middleware(OFM)」を構成するソフトウェアを容易に統合することを可能にする「ホット・プラガブル(Hot-Pluggable)」構想における日本市場向けの展開について発表した。

 ホット・プラガブル構想は、OFMを構成する各ソフトウェア製品をモジュール構造にすることで、オラクル以外のミドルウェア製品やデータベースとの容易な統合を可能にする取り組み。

 統合開発環境である「Oracle Application Development Framework」やO/Rマッピングツールの「Oracle TopLink」、BPELツールの「Oracle BPEL Process Manager」、セキュリティ環境の「Oracle Identity Management」などを、オープンソースのJBossや、IBMのWebSphere、BEAのWebLogicなどのアプリケーションサーバ上で使用可能にする。

「ホット・プラガブルは既存の資産を有効に活用し、より良い環境を実現できる」と三澤氏

 日本オラクルの執行役員 システム事業推進本部長、三澤智光氏は、「アプリケーション開発の現場は、アプリケーションサーバにより“作って動かす”だけの時代から、ミドルウェアを使用して“安定運用し連携させる”時代へと変化している。そこで有効なのがOFMであり、ホット・プラガブル構想だ」と話す。

 日本市場における具体的な取り組みとしては、DOPG(旧、分散オブジェクト推進協議会)が、WS-I Basic Profileに基づくWebサービスの相互接続実証実験を実施したことが2005年10月に発表されている。また、Oracle BPEL Process Managerと.NET Webサービスの接続性も確認されている。

 さらに日本オラクルでは、国内の主要ISVパッケージベンダーと相互運用性の検証を行っており、その結果を10月28日に公表する予定。そのほかSOA拡大に向けた取り組みとして、100名以上の担当者を育成することで社内体制を強化するほか、パートナー向けトレーニングの強化やエンドユーザー向けのOracle University研修コースを2005年11月より拡充する計画としている。

 このホット・プラガブル構想は、2005年9月に米Oracleがサンフランシスコで開催したユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco 2005」(OOW 2005)で発表されたもの。同カンファレンスで同社の共同社長であるCharles Phillips氏は、「OFMの特長は、包括的(Comprehensive)で、ホット・プラガブルで、Unbreakableであること」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!