フルメッシュ構成が可能なインターネットVPNサービス、ソニーが12月より

ニューズフロント 2005年10月25日 15時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月25日、法人向けブロードバンドネットワークサービス「bit-drive」の新メニューとして、フルメッシュ型インターネットVPNサービス「マネージドVPN“ダイナミックリンク”」を発表した。12月1日に受け付けを開始する。1拠点当たりの税別価格は、初期費用が3万3000円から、月額料金が8800円から。

 マネージドVPN “ダイナミックリンク” は、シスコシステムズのサービス統合型ルータ「Cisco Intergrated Service Router(ISR)」に搭載された「ダイナミックマルチポイントVPN(DMVPN)」機能と、ソニーの管理ツールを組み合わせて実現したVPNサービス。bit-drive側のHubルータにVPNルーティング情報を保有し、拠点側にあるSpokeルータ間のVPNトンネルをダイナミックに生成させることで、従来のインターネットVPNでは困難だったフルメッシュ型VPNの構築を可能とした。

 メッシュ構成であるにもかかわらず拠点ルータの追加に複雑な設定は不要で、拠点の追加や変更はルータを設置・接続するだけで済む。各拠点のネットワーク設定・運用・管理・保守は、センター側から一元的に実行可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから