アイエニウェアとサイベース、「RFID Anywhere 2.0」の開発者向けプログラムを販売開始

エースラッシュ 2005年10月25日 20時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイエニウェア・ソリューションズとサイベースは10月25日、米iAnywhere Solutionsが開発したRFIDシステム構築のためのミドルウェア「RFID Anywhere 2.0」の開発者向けプログラムをサイベースから販売開始すると発表した。

 RFID Anywhere 2.0には開発者の負担を軽減してビジネスロジックの作成に専念させる仕組みや、開発プロセスをスピードアップさせられる機能などが多く盛り込まれている。この製品の販売とサポートがサイベースに委託されることで同社の各種サポートを受けた展開ができるようになるほか、今後発売予定の同社RFID Enterprise製品と組み合わせてのシステム構築が可能となる。

 価格は開発ライセンスとトレーニング2日間、製品保守サポートを含んで154万円となっている。発売開始は11月8日からだが、開発用展開用ライセンスの発売は11月中旬を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから