ラック、東京海上日動の損害保険付きのWEBサイトセキュリティサービス

WebBCN (BCN) 2005年10月26日 11時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラック(三輪信雄社長)と東京海上日動火災保険は、損害保険付きのWebサイト用セキュリティサービス「セキュアサイトネットビジネス安心プラン」を11月1日に発売する。価格は780万円から。

 ファイウォール機能や不正アクセスを監視機能を提供するラックのWebセキュリティサービス「セキュアサイト」を利用する顧客企業のWebサイトが不正アクセスで業務停止などの被害にあった場合に、その損害を補償するもの。

 安心プランの保証精度の概要としては、情報の漏えいが起きた場合の賠償金や弁護士費用を負担する「個人情報漏えい賠償責任保険」やネットワークが停止した時の営業継続費用を補償する「ネットワーク中断保険」など4つ。東京海上日動火災保険が提供する。ホームページの安全だけでなく、被害の補償もある信頼の高いセキュリティサービスとして企業や官公庁などに売り込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!