テンアートニ、フィルタリング装置の最新版「i-FILTER for EasyNetBox」発売

ニューズフロント 2005年10月26日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンアートニは10月26日、URLフィルタリングサーバ装置「i-FILTER for EasyNetBox」の最新版を発表した。大塚商会1社だけだった販売ルートを拡大し、カテナ、ソフトバンクBB、ネットワールド、UDBリナックスジャパン、ユニアデックスなどを通じても提供する。

 i-FILTER for EasyNetBoxは、業務と無関係なインターネット掲示板への書き込みやウイルス感染などを防ぐことで、業務効率低下や情報漏えいを防止する装置。デジタルアーツの開発したフィルタリングリングソフト「i-FILTER」を搭載している。

 新版では、既存製品の筐体がキューブ型/1Uラックであったのに対し、ハーフサイズの1Uラックに小型化した。これまでオプションだった保守サポートを、初年度のみ標準サービスとして提供する。さらに、ハード障害発生時に障害機センドバックを先出しするオプションメニューも設ける。

 税込み価格は、30ユーザー用の「i-FILTER for EasyNetBox RM30U」が54万750円、50ユーザー用の「同RM50U」が65万1000円。購入次年度以降のサポート更新価格は、それぞれ14万4900円と21万6000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!