ALSI、業界初Policy BTO方式の情報漏えい防止アプライアンス

WebBCN (BCN) 2005年10月27日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルプス システム インテグレーション(ALSI、大喜多 晃社長)は、情報漏えい防止ソリューションのアプライアンス版「DocumentSecurity AP」を発売した。

 業界初となる「Policy BTO(Build to Order)」方式を採用し、ユーザーの希望や環境に合わせたセキュリティポリシーをあらかじめ設定。このため、専任の担当者のいない中小規模企業や自治体、教育機関などでも容易に導入することが可能。

 各企業の組織体系に合わせたポリシーの設定をすることは複雑で手間のかかる作業となるが、導入シートに回答してもらうことで、ユーザーの環境に最適なポリシーを設定して出荷をする。従来の情報漏えい対策製品のようにポリシー設定で悩むことなく、さまざまなドキュメントの閲覧・編集・印刷・外部持ち出しなどの権限管理を実現できる。

 価格は、25クライアントが309万7500円から。アカデミック価格25クライアントが257万5500円から。同社では、システム管理者のいない中小企業や自治体を中心に。同シリーズ全体で2005年度売り上げ6億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?