マイクロソフト、スパイウェア対策ツールをVistaとともに提供

田中好伸(編集部) 2005年10月27日 20時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、スパイウェア対策ツール「Windows AntiSpyware」をWindows Vistaとともに提供する。同社のTrustworthy Computing最高責任者であり、来日中のScott Charney氏が10月27日に明らかにした。

Scott Charney氏

 AntiSpywareは、Microsoftが2004年に買収したGIANT Company Softwareの技術を元に開発されている。現在、AntiSpywareは英語版のベータ版が公開されている。

 またScott氏は、ウイルス・スパイウェア対策ツールで一般ユーザー向けの「Windows OneCare」と企業向けの「Windows Client Protection」は同時にはリリースされないだろうとの見通しも明らかにしている。

 OneCareは今年ベータ版が公開されており、Client Protectionのベータ版は今年末までに公開されると見られている。Client Protectionは、GIANT Company Softwareのスパイウェア対策技術と、2003年に買収したGeCadのウイルス対策技術をベースにしている。

 Microsoftがウイルス対策分野に参入することについて、Scott氏は「多くのセキュリティ専門ベンダーから製品が投入されているが、ウイルス対策ソフトを使っていないユーザーはまだまだ多い。ウイルス対策ソフトの市場は参入する余地があると思う」と説明している。

 Scott氏は、同社のTrustworthy Computing(信頼できるコンピューティング)イニシアティブを統率しており、同社のセキュリティ戦略グループのリーダーである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?