NEC、NAS製品「Storage NSシリーズ」に新モデル2機種を追加

ニューズフロント 2005年10月31日 17時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは10月31日、NAS製品系列「iStorage NSシリーズ」の新製品として、中/大規模オフィス向けのラック型ミッドレンジモデル「iStorage NS450」と、中規模オフィス向けのタワー型ローエンドモデル「iStorage NS45P」の販売を開始した。いずれも、ストレージ専用Windows OSである「Windows Storage Server 2003」をプリインストールしている。出荷開始は11月30日から。

 NS450は、シリアルATA(SATA)、SCSI、ファイバチャネルという3種類のディスクアレイ装置の利用が可能。SATAディスクアレイ装置はRAID6に対応しており、RAID6構成をした場合、ハードディスクが2台同時に故障した場合でもシステムを継続運用できる。最大記憶容量は55テラバイト。プロセッサは動作周波数3.80GHzのXeonプロセッサを2個搭載できる。税別価格は72万円。

 NS45Pは、400GバイトのSATAハードディスクを4台使用したRAID5構成が標準状態で設定できる。動作中にハードディスクを交換可能なホットプラグ機能を備え、最大記憶容量は1.6テラバイト。プロセッサは動作周波数3.20GHzのXeonが1個。バックアップ用LTO3テープ装置に対応しており、プリントサーバとしても使える。税別価格は49万8000円。

今回発売された「iStorage NS450」(左)と「iStorage NS45P」(右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!